FTランキングでハットトリック達成

ロンドンビジネススクールがFinancial TimesのGlobal MBAランキングで3年連続でNo.1となった。

ちょっと前のニュースになってしまって大変恐縮だが、FTのMBAランキングで再びNo.1となった。なんと2009年から3年連続である。学校のWebsiteではハットトリックと高らかに謳われ、発表日には学校のいたるところにNo.1を強調したフラッグが張られていた。

もちろんランキングは一つの目安でしかないので、これをもってLBSが世界一のMBAプログラムだというつもりは毛頭ないが、在校生としては素直に嬉しい話ではある。何の世界にせよ一番と二番の差は非常に大きいし、どんな分野にせよ一番という冠は学校にとっても学生にとっても自らのマーケティング的に非常に価値がある(ThunderbirdがInternational StudyでNo.1という実績を最大限マーケティングで生かしているのがいい例だ)。


ハットトリック

もっともFTはイギリスの新聞だし、それ以外では評価されているの?とみる向きもあるので、他のランキングの結果も載せてみたいと思う。以下Wikipediaの転載。
 
    * 2nd in the European ranking by the QS Global 200 Business Schools Report (2010).
    * 3rd in the international ranking by The Wall Street Journal (2007)
    * 5th in the international ranking by BusinessWeek (2010); It is the only MBA programme to have been ranked in the top five in every BW international ranking.
    * 1st in the international (non-US) ranking by Forbes (2009)
    * 2nd in the latest Best Global MBAs 2011 ranking by CNN Expansion (2011)
    * 2nd in the best business schools ranking by America Economia (2010)
    * 19th in the rankings by the Economist (2010)

こうやってみるとほとんどのランキングで上位に位置しているようだ。これには正直驚いた。FTのランキングでLBSの評価が高いのはCEOがLBSのアラムナイだからなのは公然の秘密(?)だが、それ以外でもかなり高く評価されているのは間違いなさそうだ。
一点残念なのは英国にきて唯一定期購読しているEconomistからはあまり評価されていないところだ。まあ、そんなことを言い出したらきりがないのだろうが・・・

0 コメント:

Post a Comment